訪問者の滞在時間から見えて来るサイトのタイトルとコンテンツの噛み合い具合

Googleアナリティクスのデータの一つに平均ページ滞在時間がある。訪問者がページにどのくらい滞在していたかという時間が分かる。直帰してサイトの他のページも見て回らないと計測されないらしくて完全な結果ではないけど、しかしサイト運営のアクセス解析の目安になるんだ。


訪問者の滞在時間はGoogle検索でのサイト評価に影響する


直帰率と併せてかも知れないけど、検索結果からサイトを見て訪問者が滞在時間も短いままに一つのページだけで止めてしまえば検索結果に合ってないサイトだとGoogle検索に思われ兼ねないし、ランクブレインからサイト評価に影響すると考えられる。


訪問者が興味や関心を持たないサイトではアクセスは見込めないから平均ページ滞在時間と直帰率もなるべく良いふうに纏まるように作成したいと望むんだ。


僕として最も気になるのはタイトルとコンテンツの噛み合い具合だった、訪問者の滞在時間から考えみたところがおよそ。


訪問者に納得されるサイトでなくては滞在時間は下がり易い


サイト作成では説得力がテーマよりも大きいのではないか。


どんなに興味や関心のないサイトでも説得力があれば新しい世界を教えられるはずだし、完全に引き込まれるかどうかは別としても一つの好奇心から注目せざるを得ないという。


タイトルとコンテンツが噛み合っていると訪問者はサイトに納得するに違いない。


経験的にいってもコンテンツが目立つと薄いし、タイトルが目立つと浅い。サイトが訪問者にどのように味わわれているかは等閑にはできない。


サイト作成でタイトルばかりだと騙されたと思わせ兼ねないから注意しなくては行けないと直ぐに分かるかも知れない、アクセスのためには避けて然るべく。


ところがコンテンツばかりでも訪問者にサイトを納得するところまで理解させられなさそうなんだ。作成するならばコンテンツが何なのかを速やかに把握できるタイトルを付けておくと手助けになるのではないか。


訪問者が目の前のサイトに納得するかどうか、もしも頷くならば気持ちの深さに応じて快さを受け取るだろう。他では得られない幸せと感じ取られれば常連になるかも知れないし、それでなくとも不快感を与えずに済めば大きいはずだ、アクセスにとって。


心理的にいって人は誰かに嫌われると思えば攻められる不安を抱くけれども同じくらい一人でも安全に防いでしまうように変わる。気持ちが萎縮して自分らしさを上手く出せなくなるとサイトも馬鹿らしくて作成できなくなり、ホームページやブログは閉鎖されるかも知れないわけだ。訪問者には見付け出されなくてアクセスは根本的に得られなくなってしまう。


当たり前だけれどもタイトルとコンテンツの噛み合い具合によって管理人の気持ち、またはサイト運営の内面が浮き沈みするから喜びながらやって行くためにもそうした仕方によって訪問者の滞在時間を引き伸ばせるように努めるべきだ。


タイトルとコンテンツの噛み合い具合の意義に触れながら


纏めればサイトは自己表現の分かり易いスタイルがアクセスの鍵を握ってそうだ。訪問者が「あぁ、そうか」とか「おぉ、なるほど」なんて納得できるかどうかを考えてなくてはならない。タイトルとコンテンツが噛み合うほどに理解されるサイトを持ち得るし、サイトのテーマが気に入っていたり、もしも気に入らなくても好奇心が新しく得られれば愛されもするはずではないかしら。


訪問者の滞在時間を引き伸ばすために自己表現の分かり易いスタイルから取り組むというサイト作成はアクセスを伸ばすだけではなくて自分で自分が嫌になるような不安感を消し去ってくれもする。


誰にも理解されないとすれば自分こそ先ずは理解しなければならなかった、サイトを。なので不測に止めてしまわずに済むし、却って意欲的に取り組めるように変われば助かる。やり甲斐が守られる。

コメント

些細な日常の人気の投稿

MOTOROLAのMoto G5 Plusを使い出してのスマホレビュー

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法

BIGLOBE Wi-Fiが繋がらない場合の対処法