Tumblrロゴやアイコンの利用規約の確認

自分の写真結城永人 -

ブログにどこかのサイトのリンクでロゴやアイコンの画像が使えると嬉しい。

森の上の空にTumblrのロゴの「t」がある

Tumblrはロゴを自由に使おうでロゴやアイコンが提供されていた。無料でデバイスにダウンロードしてサイトに載せて構わないらしい。

ただしデザインについて幾つかの注意点があってTumblrのオリジナルのロゴやアイコンの改変、またはアレンジは制限されてしまう。

字体に規定の余白が必要で、テクスチャーやフォントやピリオドを弄ってはならない。

背景だけは自由に改変、またはアレンジして構わないとされていたんだ。

僕としては背景を自分で用意してそこにTumblrのロゴやアイコンを入れるのは面白そうだと感じたけど、公式のサンプルを目にしては惹かれずにいなかった、さらに疑問も湧いて来て手を加えると二次創作の作品になるからオリジナルの著作権にも配慮しなくてはならなくなる。

そしてTumblrのロゴやアイコンの利用規約を見に行くと商標(トレードマーク)としての注意書きがあったので、全文が英語だから読むのには苦労せざるを得ない、たとえ世間並みの内容だとしても気になるかぎりは確認しておくしかないと思った。

一般的な手引き

やる:

  • TumblrマークはTumblr、株式会社、私どものサービスやウェブサイト、私どものアプリ、そして私どもの提供する他の何かを参照するために使う。
  • 使う際にはTumblrマークが目立つような仕方を確認し、そして取り分け「Tumblr」の言葉が主要だと少なくとも確認する。
  • Tumblrマークは形容詞(例えば「Tumblrブログ」)として使い、名詞や動詞(例えば「あのTumblrを見たか」、または「今日、Tumblrしよう」)としてではない、ただし私どものサービスや会社を参照する名詞として使う際には除外される。
原文

General Guidance

Do:

  • Use the Tumblr Marks to refer to Tumblr, Inc., our services and websites, our apps, and anything else we offer.
  • Make sure the Tumblr Marks stand out in some way when you use them, and particularly make sure to at least capitalize the word "Tumblr."
  • Use the Tumblr Marks as adjectives (for example, “Tumblr blog”) and not as nouns or verbs (for example, “Did you see that Tumblr?” or “Let’s Tumblr today!”), except when using them as nouns referring to our services and company.
Trademark Guidance|Tumblr(訳出)
追記:公式の日本語訳:登録商標のガイドラインが公開された。

利用規約の「Tumblrマーク」にはロゴやアイコンだけではなくてボタンや他の様々なデザインも含まれている。どれも原則的にTumblrのために用意されている。

結果、Tumblrのロゴやアイコンの背景は自由に手を加えられるにせよ、自分のイメージを優先させるような表現法は取ってはならないと解釈して良いだろう。

僕としてはリンク付きで使いたいので、些細な日常はTumblrブログだからTumblrへ向けても最上段のリンクの繰り返しになるから他意がなければロゴやアイコンの使い方のページへ向けてやるつもりだ。

今回は画像投稿でリンク付きではない。自作の写真にTumblrのアイコンを取り込んでみた。Tumblrがテーマの記事ならばやはり合ってしまうので、載せられれば本当に嬉しい。

利用規約で「Don't」(やらない)も四つあるので、補足的に挙げておけば「Don’t incorporate the Tumblr Marks」(Tumblrマークを組み入れない)、「Don’t modify or alter the Tumblr Marks」(Tumblrマークを加工したり、変更したりしない)、「Don’t use the Tumblr Marks in a way that suggests incorrectly」(Tumblrマークを不正に仄めかして使わない)、「Don’t use other trademarks, service marks, designs, trade dress or logos」(他のトレードマーク、サービスマーク、デザイン、トレードデザインかロゴを使わない)となっているので、何れにしてもTumblrマークについては「やる」に準拠しながらTumblrのためにしか使わないかぎり、特にも咎められないのではないか、商標という著作権/商標権において。

Tumblr以外ではロゴやアイコンの背景を自由に付けられるとは聞いた例がないし、流石というか、端から公式に認められていたなんてクリエイター向けのブログサービスならではの特徴が格好良く出ているように思われる。

コメント