薬害エイズ事件の被害者で国会の参議院議員の川田龍平が結婚してから免疫力を標準値まで上げていた

今まで見て来た同時代の政治家で最も心を動かされたのは川田龍平だった。薬害エイズ事件の被害者として血友病の血液製剤からエイズに感染してしまったものの積極的に声を上げてそうした団体と共に当時の血液製剤の基準を監査していた厚生労働省や提供した製薬会社を法的に訴えて勝ったんだ。以降、国会の参議院の選挙にも立候補して当選を何度か繰り返しながら政治活動を続けて現在に至っている。



エイズは発症しないだけで、感染したままらしくていつ死んでもおかしくないような状態だから生きているのは奇跡だと感じさせるのが詩的だし、命の尊さを体現する存在に他ならないから素晴らしく気に入っている。


川田龍平は2008年2月に三十二歳でジャーナリストの堤未果と結婚したけれども川田龍平 堤未果と結婚して起こった変化とは?によると健康面で非常に調子を上げているらしくて微笑ましく感じた。


昔と比べればもはや必ずしも死の病とはいえないし、治療薬が全くないわけではないにせよ、エイズは感染から発症すれば免疫力が下がり続けてどうしようもなくなるほどの重病なのは間違いない。


本人は児童期に薬害エイズ事件でのエイズ感染の治療のために母親からそうした病名を告知されてから自分は「どうせ長くは生きられない」と思い悩んでもいたようだ。


YouTubeの公式チャンネルで公開された川田龍平インタビューを観るとかつて学校でいじめを受けていたりして世の中のエイズへの無理解から死の病に冒された不吉な存在として差別されていたから将来への不安だけではなくて社会的にも相当に酷い目に遭っていたと本当に良く分かった。


しかし結婚して元気が新しく湧いて来たというのが恋愛の重要性を真実に教えてくれているし、本当に知って正しく詩そのものを人生で表現していると受け留めながらビックリ仰天せずにいられない。


川田龍平はエイズが発症したかどうかの検査をしょちゅう行っていてエイズウィルスの非検出を連発してCD4という免疫力を示す値が1000くらいまで上がって標準値の700~1300に入った。


風邪も引かないと聞かれるし、現時点で健康といって差し支えないだろう。


良く笑うようなって心理的なストレスが減ったり、食生活が改善されて栄養状態が優れたり、堤未果の内助の功を含めて様々な要因が考えられるけれども根本的には結婚したせいだから恋愛の力というべき二人の絆が元気付けに大きく役立っていると納得させられる。


神憑りなまでの幸せを掴んでいるとすると川田龍平の気持ちはそれまでの悲運と全く以て比べ得ない


薬害エイズ事件で訴訟へ発起するとか参議院選挙へ立候補するなんて仕方で少しずつ不幸から逃れて来て最終的に堤未果と出会って二人の絆で結ばれて世界が変わるほどに抜け出したはずだと想像すると人間にとって自分らしさが如何に大切なのかをまざまざと目頭が熱くなり捲るほどに心の奥底まで深く魂を抉り出すように著しく考え込ませる。


政治家としては多くの政党を渡り歩いていて迷い猫みたいな印象を与えるし、本当の意味での命の尊さが分かる人は物凄く少ないはずならば大物国会議員にもなれない川田龍平かどうかは何れにせよ、世界に平和を齎すためには何よりも欠かせない認識を持っているかぎりは頑張って欲しい。

コメント

些細な日常の人気の投稿

MOTOROLAのMoto G5 Plusを使い出してのスマホレビュー

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策