スキップしてメイン コンテンツに移動

小池百合子が立候補しないのに国政の政権交代を主張して希望の党を結成した心

希望の党は本当に謎だった。小池百合子が結成したと発表した記者会見をテレビで観ていて国政の政権交代を目指す(政権選択のために候補者を適切な分だけ擁立する)と添えていたから普通ではあり得ないと思った。既成の政党が分裂した後の大きな会派でもなければ不可能ではないか。一から始めて国会の与党になるなんて聞いた例がなかったんだ。

小池知事が国政新党 「希望の党」代表就任を表明 via TOKYO MX

小池百合子は何を考えて希望の党を結成していたのか。最初から自分が立候補するつもりもなかったんだ。それは分かり易い、ただし。というのは東京都知事だから途中で職務を投げ出すわけには行かなかった。終わったら総選挙に出て希望の党の国会議員になるのかも知れないと頷く。

後から希望の党の代表として国政に参加すると考えると今直ぐに政権交代を目指すとした心構えに混乱する。

自分が国政に直接的に加担するつもりがなくて総選挙でも中心になってリーダーシップをはっきり示さないままでは勝てるわけがないから大口を叩いてるだけなのかと疑心暗鬼に囚われてしまう。

途中から民進党が合流するという展開になったので、かりに上手く行けば部分的でも自民党は議席を減らすし、幾つかの政党がどのように結び付くかによって政権交代が可能だったと捉えるしかないんだ。

だから小池百合子が考えていた全ては非常にシンプルだった。政治家としての心といって良いかも知れないけど、希望の党を結成した狙いは的確だった。

国会の議席の数合わせの込み入った算段に基づいているにしても自民党が縮小されて代わりに他の幾つかの政党がちょっとずつでも上がればどこかとどこかが連立するかぎりで本当に何とかなりそうな政局だったんだろう。

国民は戸惑っていたと思うし、小泉進次郎が「無責任」というのが余程と分かり易かった。聞き付けた小池百合子が「キャンキャン」と子犬扱いで返していたのがなぜだろうと感じたし、人間として小馬鹿にしているから底意地に優れないと国民の心象を悪くしそうだった。

結局、小池百合子は自分が分かり難い人間だと把握してないみたいなところが人気を落としてしまう最大の要因なんだろう。

希望の党で自分が代表として国政に入らないし、総選挙にも立候補しないで、政権交代を目指すと口に出すのは世の中で基本的に通用しないし、どう考えても小泉進次郎の「無責任」の指摘が当て嵌っているのが道理ではないか。

僕もブログで記事に取り上げながら何十行も推論を積み重ねて行かなくては理解できないくらい事情を聞かされてない。もうちょっと自分の思いを精確にいわないと国民に遠ざけられても仕方がないのが小池百合子の生き方なんだ。

例えば自分が総選挙に出ない気持ちについて問われても過去に同じ例があったから珍しくなくて改めて知るのは野暮みたいな調子だった。

納得できるわけがないし、最終的に望んだ国政の政権交代は複数の政党の連立を見込んだ気持ちだとして希望の党だけが単独で過半数の議席を取れるはずは十分にはないからそこまで明かすのは自分たちにやる気がないと見做られて不利で憚られてお茶を濁したかったとすると、所謂、メディア戦略を重視しているに過ぎなくて狡猾だったといわざるを得ない。

小池百合子は希望の党が単独の過半数の与党になるとは口が裂けてもいわないみたいな感じだった。それにも拘わらず、自分が代表として総選挙に立候補しないから皆は驚愕して(主役が不在なのに大勝できるほどに人気なのか)尋ねたくなるわけだ。テレビを観ていても物凄く取り上げられていて小池百合子はわざと黙って人々の興味や関心を引っ張り出そうとしているとかなんてしょっちゅう話し合われていた。

本心はやる気がないと誤解されたくないだけだったはずだけど、しかしもしかすると希望の党への代償は非常に大きかった。

複数の政党の連立政権を目指すと口を割れば希望の党はどこと組むと訊かれるし、応えると単独で過半数の与党を目指している夢にとってはやる気がないと支障を来し兼ねないから黙るしかない本心が却って裏目に出るとすると大変なのはつまり現実に全てが侵食されてしまうためだ。

やる気がなくはないと思わせているうちに実際にないからそうなんだという怪しい方向から思われるようになった、次第に。

普通に考えれば自分が東京都知事を辞めないかぎりは小池百合子は希望の党を立ち上げる際に政権交代を主張するべきではなかったし、自民党と公明党の安倍内閣が必ずしも優勢ではなくなると国会に風穴を開ける程度の認識を示すだけでも良かったのではないだろうか。

小池百合子は現状が本当に悔しかったと受け留めたい、心から日本を盛り上げるために。

だから総選挙への目論見はあやふやなままでも希望の党を結成する際に政権交代を口に出さずにはいられなかったんだ。

言葉だけでも安倍内閣を退陣させようとしたから嫌われる人には嫌われ捲るし、そんなふうに計画性を実践的に持ち合わせないゆえに国民からも大して受け入れられはしなかったはずだ。

僕は追いかけるほどに小池百合子が好きだと思ったり、可愛いと感じたりする気持ちを新しく認めたのが本当に意外だった。

大元はどうしても安倍内閣が許せないという情念に基づいているから政治家としての信用性も著しく高いせいだ。

情念でやって行かないと周りから色々と丸め込まれ易くて結局は汚職などの不正にも流される傾向が出て来てしまうのではないか。

小池百合子は心を動かされた政治家の川田龍平に匹敵する清らかな素晴らしさを手放さないんだ。

国民に伝わらないのが残念だ。道理に合わせて自己表現を行えば大人気の小泉進次郎にも引けを取らないくらい理解される現実は誰でも同じだ。

分かり難い人間なのは情念が先走る言動のせいだから政治家として生きるつもりならば認識こそ何よりも口に出す習慣を自覚的に身に付けるべきだと考える。

希望の党は国政の政権交代が可能だったのは間違いないけれども結成した小池百合子が立候補せずに主張した気持ちも夢と現実がゴッチャになっていて多くの人が付いて行けないと呆れたのが根本的に不味かった。

単独で過半数の与党を望みながら複数の政党の連立もあり得る。どちらにしても安倍内閣が退陣させられると考えたはずの小池百合子は賢いけれども国民が国会に求める民主主義は後者では全くなくて前者だけなんだ。

総選挙で最初から夢が叶わない場合を見越して取り組んで上手く行っても詰まらないわけだ。いい換えると皆が連立政権のために自分の選挙権を個別に分割して投票しているわけでもないかぎり、悔しいだろう。議員、または政党は一つのポリシーでやって貰わないと納得できる気持ちにはならないと思う。

小池百合子には夢を叶えるために大口を叩きながら徹底的に盛り上げて欲しかったし、概して民進党と合流する必要もなかった。安倍内閣を退陣させたいという民意のために駄目元で取り組むのが最高に格好良かったはずだ。すればきっと人気そのものは落とさずに日本で初めての女性の総理大臣への道もスムーズに開かれて行ったのではないか。

大敗を喫したし、人々に計画性がなくてあやふやな印象を与えたから政治家としてはもはや上を見るよりも下を見ないで過ごすのこそ極めて難しいだろう。

繰り返すと好きだし、可愛いから誰でも引き寄せられるように皆に気付かせる努力を怠らなければ大丈夫なので、何もかも過ぎ去った人生とは決してかぎらない。

コメント

些細な日常の人気の投稿

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法

MOTOROLAのMoto G5 Plusを使い出してのスマホレビュー

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策