スキップしてメイン コンテンツに移動

水野真紀がカルロス・トシキのファンなのは純然な幸せのイメージが分かるせいだと考える

爆報!THEフライデー水野真紀が出演していてカルロス・トシキのファンだと夢中になって話していた。かつてボーカルを務めたバンドの1986オメガトライブの大ヒット曲だった君は1000%を口遊んだりしながら如何にも憧れているらしい様子が微笑ましかった。現在は歌手を辞めて日本から本国のブラジルに帰って農業の会社で働きながら種の品種改良を手がけていて最も偉大なニンニクのスペシャリストの一人と呼ばれるくらい素晴らしい業績を上げているのを教えてくれた。気になってブログを観に行くと1986オメガトライブの完全版ボックスとか「カルロス・トシキにハマった乙女」(今夜「暴報!THEフライデー」)なんて載っていたから相当に本気だと感じてしまった。

僕もカルロス・トシキを良く知っていた。元々は杉山清貴&オメガトライブふたりの夏物語 -NEVER ENDING SUMMER-などで大人気だった。海を感じさせる作風でヒット曲を連発していたけれども暫くするとボーカルの杉山清貴が抜けたらしくて代わりにカルロス・トシキが入って1986オメガトライブに変わった。杉山清隆が爽やかな歌声だったのとは又別に甘やかな歌声なのをちょっと驚きつつも作風は同じように海を感じさせる仕上がりで、取り分け君は1000%が印象深かった。さらにカルロス・トシキ&オメガトライブに変わってアクアマリンのままでいてが再び爆発的にヒットしたのを覚えている。

当時、大して気に留めてなかったし、世の中の流行歌として聴いていただけだった。

ところが三十代前半に作詩していてアクアマリンが完成した時点でカルロス・トシキの歌が思い浮かんで来た。君は1000%アクアマリンのままでいてなどは情感が被っているのではないか。僕は詩人として永遠を歌っているから永遠から捉えた1000%やアクアマリンという言葉遣いに通じ合う部分が受け取られるので、カルロス・トシキの歌はとても素敵だったと改めて認めるに至ったんだ。

簡単にいうと青春期を振り返った夢の世界が永遠の詩と似通っていて例えばファッションブランドのForever 21もそうだけれどもカルロス・トシキの歌は懐かしくも今正に手に入れたままに止めておきたくなる新しい真実を打ち出しているようだ。

僕にとってアクアマリンは重要な作品で、昔の詩のホームページの作詩の公園で常連だったYさんのホームページに海辺の心地良いイラストが貼ってあって着想を掴んで歌ったし、掲示板に投稿したんだ。考えると青春期の夢の世界が反映していたので、人生を再認識する切欠になった。どうしてアクアマリンが永遠の詩として生み出され得たのかは二十歳の終わりから二十一歳の半ばまでの天使的な人との日々に基づいていたと気付いたんだ。最終的には運命の恋なしには無理だった全て、すなわち心の繋がりだけれどもアクアマリンを歌ってから永遠を自己発見の素性として内省的に初めて捉えたし、永遠の詩人の自覚が格段に増しながら人間的にも成長して行ったわけだった。

青春期の夢の世界について水野真紀は以前から気に留まっていた。第一印象で「何だろう、この人は」と感じたのを覚えているし、可愛いのは確かだった(パナソニックのCMで「きれいなおねえさんは、好きですか」といわれていた)けれども不可解な要素も大きかったせいで、掴みどころがないような気持ちにさせられた。後から恋のから騒ぎにゲストで出演したのを観ていて水野真紀のキャラクターが少し分かり始めたんだ。司会の明石家さんまがドラマで共演していたらしくて――恋も2度目なら――そのとき、撮影以外で佐藤浩市が一生懸命に喋りかけるのに水野真紀は窓の外ばかり見ていて受け答えをちゃんとしなかったと茶化していた。水野真紀はそんなことはないと否定していたけれども僕は明石家さんまの思い起こしから天使的な人との初対面と同じような状況だと感じた。詩集の運命の恋の一番目に不思議な縁と歌っている経験というのが本当に良く似ている。僕が初対面で一生懸命に喋りかけると天使的な人は窓の外ばかり見ていて受け答えをちゃんとしないから嫌われたと悩んでしまったし、最後の最後まで胸に蟠らずにいない悲しみとして気持ちが離れ去るほどの要因になっていた。考えると正しいし、運命の恋が二十歳前後で完結しないためで、僕が永遠の愛から二人を捉え直しながら心の繋がりを必要十分に知るのも別れの後だったけど、とにかく水野真紀は女性として気持ちが天使的な人に重なると想像した。

事実がただし微妙にずれている。水野真紀と佐藤浩市の特別な触れ合いには明石家さんまという目撃者がいたわけだ。または他の人たちもいたかも知れないとすれば皆の中で起きていたけど、調べると佐藤浩市はもう既に妻帯者だったし、結婚していたから出会えて嬉しかったとしても恋しさまでは抱かなかったともかぎらない。なので水野真紀もそうした出会いこそ昔から待ち望まれたような仕方で奇跡的に受け留めたのではないか。興味深いのは佐藤浩市で、僕に天使的な人を紹介してくれた水先案内役の好きな男性のタイプだった。すると気持ちから特別視される存在――格好良い人そのもの――だから出会えて嬉しかったならばまさか水野真紀にとっても人生で大きな衝撃を与える経験だったように捉えたくなる。他では殆どあり得ないはずだ。ところが僕の場合には独身だったのはもちろんのこと、佐藤浩市と共通点はなかったし、目撃者もいなかった。最初に目にした瞬間の天使的な人は兄貴分とベラベラ喋っていたんだ。一目惚れというには余りに自然に引き付けられ過ぎて記憶が飛んでしまうほどの気持ちがしたけれども黙って座りながら順番待ちみたいに両者の間に割って入りもしなかった。そして一分くらい経って兄貴分が立ち去って二人きりになってからこの人はベラベラ喋るから好かれるためには自分もそうするのが一番だと決めて柄にもなく、口から言葉を幾つも放ち続けようと頑張ってみたわけだった。天使的な人は窓の外ばかり見ていて受け答えをちゃんとしないのが予想外のリアクションで、さっきまで兄貴分とベラベラ喋っていたのとは別人になってしまったからもはや悲しみを余儀なくされるばかりだった。永遠の詩人として感じ返すと楽しさと幸せの分水嶺として天使的な人にとっても世界を明らかに変える認識という自己発見に繋がったかも知れないにせよ、当時、嫌われた気を取り直すためには初対面だから奥床しかったせいだろうと考えるよりも他に手立てはなかった。

水野真紀が女性として天使的な人と重なる気持ちとすると幸せのイメージが楽しさと切り分けられて純然と分かるのではないか。友人と恋人の歴史上の線引きが特別視される存在の佐藤浩市のまるで一押しみたいな振る舞い(彼の場合は恋しさを抱いていたら不倫だから意味合いは変わってしまうけど)から憧れる対象として飛んでもなく感じ取られた経験を踏まえると可能なはずだった。なので水野真紀がカルロス・トシキのファンというのは早くは十代の頃から気に入ってリアルタイムに聴いていたらしいけれども非常に納得させられてしまう。歌に楽しさと切り分けられた純然な幸せのイメージが正しく込められているし――それこそ1000%の尽きない思いで、アクアマリンの綺麗な感じだろう――分けても甘やかな歌声が全てを奇跡的なまでに表現している。恋のから騒ぎで明石家さんまの思い起こしから知られたにせよ、佐藤浩市との特別な触れ合いによって掴んだ水野真紀のキャラクターには本当にぴったりだと感動するのも吝かではなかった。

国会議員の後藤田正純と結婚して選挙を応援して仲良しだったはずが不倫されたり、長らく別居しているといわれるけど、よもや実生活が混濁してそうなところで、カルロス・トシキを聴きながら自分自身を立て直しているようにも察せられる。

極めて素晴らしい歌手だったし、君は1000%とかアクアマリンのままでいてなんて純然な幸せのイメージを味わわせるのは貴重だ。

参考:カルロス・トシキ 「君は1000%」カルロス・トシキ超ロングインタビュー「今はニンニクが本業」

コメント

些細な日常の人気の投稿

アドセンスの支払い日は翌月二十一日前後だけれども保留されると送金されない

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法