スキップしてメイン コンテンツに移動

ディオールが着られるような生活が訪れて欲しかったわけで

買うならば三十万円くらいするのではないかと気に入りながら新品では安くても手が届かないと考えさせられたのがディオールのスーツだった。



青春期、ファッションに物凄く興味があってというか、興味自体は二十年以上を経た今でも全く変わらないにせよ、テレビや雑誌で注目しながら時間を多めに割いたりする感じで過ごしていた。


思い出して久し振りながら人生で大事だったといやはや気付いたのはディオールのスーツが着られるような生活が訪れて欲しいと僅かでも願っていた事実だった。


サイト広告で生活費を稼ぎたくて無理と四苦八苦しながらアクセスアップを考えてばかりいるけれども金銭を求める気持ちに普段から馴染んでおくと有利ではないか。


いい換えるとモチベーションを高める必要があるだろう。巷で何か買いたいもののために一生懸命に働くみたいな話が良く聞かれる。それと同じで、モチベーションが問われる。目標が金銭ならば努力も金銭から保つのが楽天だと思う。


個人的にはディオールのスーツが裕福な生活の象徴で、昔からの念願にも等しかったわけだ、本当に。洋服に三十万円もかけられればある余りほどの貯金だからセレブのディカプリオもさながらに世のため、人のため、ついには自分ためにすらも何一つ惜しまれないかも知れない。


二十年以上、作家・詩人の腕を磨くように考えて来てプロとしての結果が全く出せなかった。サイト広告でやっと数円が入るように進歩したにせよ、生活費には甚だ遠く及ばない。本音ならば死と隣り合わせの毎日ばかりだ。


小さな幸せをスイミーと掻き集めるためにも裕福な生活へは金銭のモチベーションが伴うほどに現実味を帯びて来得る。


ディオールは何が良くて惹かれたのか


僕が見たのはスーツが美しいディオールだった。目も綾な煌びやかさが生地に感じられて全体のシルエットは普通なのに光沢を細かく放っているデザインが凄く良かった。惹かれたのは偶々かも知れないし、ディオールのファッションがいつでも同じではなくて手がけるデザイナーも変わるにせよ、印象強かった。


未だに覚えているのはなぜかは詩的に裕福な生活を思い描くのにディオールのスーツが相応しかったせいだと考え返せば纏められる。


クリスチャン・ディオールの人柄へ


調べて直ぐにガツンと骨身に響く言葉に出会った、クリスチャン・ディオール、ディオールのブランドの創設者のデザイナーで。


ピゲからシンプルであることの長所によって真のエレガンスが現れることを教わった



僕が感じたスーツの美しいディオールと見事に符号する。そうか、あれは「真のエレガンス」だったと光沢を細かく放っていた生地こそ改めて頷かれる、深く。クリスチャン・ディオールはもう既に亡くなっていて他のデザイナーが作り出したはずにせよ、コンセプトというか、ファッションへの思想がまさか受け継がれていたと認めるしかないだろう。


ディオールの歴史からすると年代的にはジャンフランコ・フェレが青春期に重なる二十世紀末のディオールのデザイナーだったみたいで、本当に素晴らしかったし、心から憧れる他のないディオールのスーツを生み出してくれたわけだった。


クリスチャン・ディオールは人生が上手く行きかけたところで第二次世界大戦に巻き込まれて又一から全てをやり直なくてはならないという状態で、とても可哀想だったけれども戦後も諦めずに自国のフランスで大成功を収めてファッション界のトップに上り詰めてしまったんだ。


しかしデザインが当初は可成の非難を人々から受けていたといわれる。


洋服の生地をふんだんに使ったことが忌み嫌われたようで、戦後の貧しい時代に何なんだと贅沢は敵だと叫ばれるようにディオールのファッションは町中で鋏で切り裂かれるほどに酷く避けられもしていたそうだ。


私には女性の気持ちがとても良く分かる。短いスカートは決して好ましいファッションではなかった――とても下品だ。



クリスチャン・ディオールはかりに贅沢は敵の世の中でも自らのファッションの思想を貫き通したのではないか。誰が何といおうとスカートは長くするし、生地を使い捲って信念を曲げはしなかったからデザイナーとして上手く行ったのも間違いないと察する。


面白いのは国の経済が立て直されるに従ってディオールのファッションが当たり前になってしまったところだ、人々にとって。


スカートの丈が長いくらいで、誰も何もいわないし、生地の無駄使いとは感じないので、まるで先読みしたかのようにクリスチャン・ディオールの洋服は飛ぶように売れたはずだし、彼自身も人気者に大手を振って成り変わったのではないか。


イメージはもう時代の寵児と呼ばれ得る人柄だ。たぶん好きなことを好きなだけやっているに過ぎないかも知れないのに人生が上手く行くのは人々に注目されるせいだ。


ファッションが女性のためならば「I know very well the women」(私には女性の気持ちがとても良く分かる)がクリスチャン・ディオールの全てを物語っているとも過言ではなかったはずだ。きっと。大勢が共感を覚えて見逃せないデザインが実現されてディオールのブランドの会社も潰れなかったのは世間的に卓越した洞察力が何よりも欠かせなかった。


芸術家として学ぶ、大いに。人々の気持ちに当て嵌まらないと作品は売れないし、売れなくても良い生活が終わりならば、つまりプロを真剣に目指すかぎりは真似しなくては駄目だ。サイトのアクセスアップを含めて人々の気持ちにどう当て嵌めるかが自己表現の分かれ道だろう。自分一人の気持ちを出しても喜ばれないし、素晴らしくても死んだ後か、別の時代の人々が偶さか受け入れてしか人気者にはなれない。


表参道のディオール

底意地がディオールのセンスを決定付ける


僕は人生を成功に導くためには願をかけると本質的に考えるけれどもクリスチャン・ディオールは自然にできた。


ただし好きなことを好きなだけやるにせよ、人々に完全に敵視されても止めないというのは凄まじい精神力がないと不可能ではなかったか。


熱情が美しさの秘訣だ。魅了される美しさは熱情なしにはない。


クリスチャン・ディオール via Wikiqoute(訳出)

クリスチャン・ディオールは熱情からファッションを美しく作り上げたと理解される。


実際に凄まじい精神力で絶えず、皆に攻められつつも熱情という美しさへの自己表現が保たれたとするとやはり底意地が強く想像される。


僕には恐ろしくて無理だし、こればかりはちょっと避けたい不穏な暮らし向きだけれども世の中で人々と打つかり合ってもへこたずに踏み止まるように何かを守れるかどうかは底意地にかかっているに違いない。


反対にいうとクリスチャン・ディオールはそこまで頑張るべき世界をファッションに見詰めていたために我が道を突き進む他はなかった。


自分自身がファッションの熱情という美しさに魅了されていて作品に全てが込められている。


クリスチャン・ディオールのセンスが正しく結実した自己表現が洋服のデザインを通して素晴らしく味わわれるわけだけれども根本的には底意地に強く決定付けられていたからこそ真実に可能だった。


人々と打つかり合うかどうかは抜きにして良いと思いながら人間的にも芸術的にも尊敬したくなるのは真実以外の何ものでもないし、センスが生きていて胸打たれる自己表現の命の輝きだと僕には思われる。


クリスチャン・ディオールは底意地にかけて熱情という美しさをデザインとしてファッションではっきり示したんだ。


個人的には青春期に見かけたスーツが気に入ったものの知るほどにディオールのブランドならば何でも構わなくなる。どれも高いので、手が出ないし、裕福な生活の象徴だから言動へモチベーションと加えながら金銭を的確に求めるようにすればもう少し生き易くなるのではないか、馴染まない世界はいつも近付いて来ないようだ。


参考:ディオール

コメント

些細な日常の人気の投稿

MOTOROLAのMoto G5 Plusを使い出してのスマホレビュー

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策