黄色い百合の花言葉は陽気と偽りと浮き立つ思いだ

黄色い百合

黄色い百合の花言葉を調べてみたら花こそ見たままにやはり美しくも謎めいて神秘的だったと気付いた。


陽気と偽りが大きい。もしも偽りが陽気だったら悲しいというか、花言葉なので、思い悩むほどの文学性が問われているはずでもなければ壮重に受け留めるべきではないだろう。


今此処でショパンの幻想即興曲がなぜ生前に発表されなかったか、どこに欠陥があったのかを追求するよりも聴きながら別に構わないと惚れ込むようにむしろ真実だけが表現されているといいたい。


花言葉そのものが詩的だし、文学性が求められるとしても先ずは軽妙に受け留めながら真実との出会いこそ見詰めると良いと思う。


面白いけれども黄色い百合の花言葉には陽気と偽りの他に浮き立つ思いもある。だから本当に驚く。軽妙に捉えてこそ正しいと実際にも示されていたに等しいわけなので、誰が作ったのかは不明だし、人々のいい伝えで相応しいイメージがまるで「自然淘汰」(ダーウィン)と何年もかけて残されて来たのかも知れないけど、真実として明かされる世界が特別に感じられて考えるにも取り分け注意されずにいなくなってしまう。


哲学的に黄色い百合の浮き立つ思いは生成変化と呼んで差し支えなければ陽気と偽りも一つの存在論だろう。軽妙に捉えるためには偽りという認識の内容の形式が陽気の意味合いに実効的に影響しないように考えなくてはならない。つまりは陽気な黄色い百合の性質に含意される偽りとは何かを知るべきなので、全てが字句通りに裏返しではないとすると謙遜が大きいのではないか。黄色い百合の花言葉の偽りは謙遜の在り方として陽気と結び付けながら浮き立つ思いで確認すると不思議そのものだけど、実生活では物事を少し引いて吟味するような場合に多く感じられる。


いい換えると客観性の冷たさが黄色い百合の偽りに込められた気持ちなんだ。悲しいとすれば孤独のかぎりにせよ、それ自体では必ずしも真実には当て嵌まらなくて写真に例えれば広角レンズのカメラで撮影されたために普段よりも幅広く世界が分かるような楽しさがある。客観性が優れて知性的な有とすると他には何も要らない存在だから冷たくも涙は似合わないほどの偽りが正しいとも理解されるわけだ。


僕は違和感を受け取った、最初に。陽気というとオレンジだから黄色い百合には濃過ぎていた。太陽と親和性があって陽気は黄色よりも赤いのではないか。


黄色い百合の花言葉が陽気なのは可笑しいと謎めいていたけど、しかし謙遜としての偽りを踏まえながら浮き立つ思いも加味して感じ返してみると楽しさが抜き差しならなくて概念化すれば知性的な有における客観性だから批判精神に基づくけれども黄色い百合にはぴったりだと納得させられる。


陽気なのは楽しさが強いとすると太陽と考え合わせても眠るのが惜しくて明け方に目にした薄明かりだから普段のオレンジよりも黄色に余程と近いはずだ。


花言葉はどれも詩的だといつも思ったけれども本当に良くできていると黄色い百合を巡っては考えながらはっきり気付いてしまった。


気持ちが歌われて詩的なんだ。感性ならばオレンジのはずの陽気が黄色い百合の花言葉というのは気持ちが第一条件としかいえない。花言葉は気持ちを大切にしている。


花に重なるイメージを知らなければ思い付かない花言葉だとすると人々に昔から伝承されるのは知識としての側面も否定できないし、聞いてただ共感するだけではなくて想像するような趣きを与えられるのも自然だと頷かれる。


参考:ユリの花言葉 ユリの花言葉を色別に!由来と伝説の詳細も紹介!

コメント

些細な日常の人気の投稿

MOTOROLAのMoto G5 Plusを使い出してのスマホレビュー

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策