スキップしてメイン コンテンツに移動

腸内環境を高めるためにビフィズス菌のヨーグルトを

人間の赤ちゃんの腸内環境はビフィズス菌が大部分を占めていて年齢と共に減少して老人においては殆どなくなっているといわれる。そして善玉菌としてはアシドフィルス菌の活躍する機会がビフィズス菌を凌ぐように取って替えられるともいわれるので、僕はアシドフィルス菌に注目するべきだと考えてビフィズス菌には期待しないでいた。


ところが気絶しかけるほどの腹痛に見舞われたりもするし、腸内環境は決して芳しくは感じられない。


以前、テレビ番組で見栄晴が自分は、毎日、山盛りの野菜を食べているから腸内環境は善玉菌が多くて好調なはずたと喜びながらいざ科学的な調査に挑んでみたら実際には悪玉菌が非常に多くて自信も喪失されるばかりだったので、見ていて僕も驚かざるを得なかったし、腸内環境を高める食生活の難しさが痛感されてしまったんだ。


個人的な経験としては腸内環境への取り組みはナッツ類(落花生、胡桃、アーモンド、マカダミアナッツなど)が最も効果的だと思われる。


食物繊維が善玉菌の餌になって増殖を助けるためだけど、野菜や果物の水溶性の食物繊維よりもナッツ類の不水溶性の食物繊維はその点では劣っているので、なぜ効果的なのかはむしろ老廃物を排出するのに向いているためではないか。悪玉菌の餌を減らして増殖を抑えることに繋がる。


腸内環境は善玉菌と悪玉菌と日和見菌(善悪の多い方に加担する菌類)の三つに大別される。しかも三つで満杯になるように常に動いているから悪玉菌が減ると必然的に善玉菌か日和見が増えて来るわけなんだ。何れも空いた部分に増殖できる、または悪玉菌が弱れば打ち倒すような形になるからナッツ類の不水溶性の食物繊維は腸内環境の助け船といっても良いだろう。


考えると善玉菌は直接的に増やそうとするだけではなくて悪玉菌を減らすという間接的な働きかけも欠かせないわけだ。


善玉菌を増やすのは野菜や果物の水溶性の食物繊維やそこには酵素も含まれていて重要だけど、さらに発酵食品の有用菌や様々な食品のオリゴ糖が良い。


悪玉菌を減らすのはナッツ類の不水溶性の食物繊維や酢だ。個人的には黒酢を欠かさない毎日だけど、酢は酢酸の力で腸内細菌を死滅させる。なので善玉菌も減らすだろうけれども主に大腸菌が減り易いらしい。悪玉菌で多いのは大腸菌だから効果的だと思う。因みに大腸菌が少なければ大腸癌も避けられるかも知れないし、僕にとっては黒酢を止められない理由の一つでもあるんだ。


しかし腹痛が多くて不調なのは振り返るとヨーグルトを頻繁に食べなくなってからだった。ナッツ類とヨーグルトをセットにして欠かさない毎日だと絶好調だったんだ。


僕がヨーグルトを食べない原因としては金銭的に辛い。一日に百円くらいの上乗せにせよ、腸内環境をナッツ類を中心にしてヨーグルトを抜いても他の食品で上手く纏められないかと狙いながら失敗し続けている。


ナッツ類と野菜や果物で良いはずなのに結果は思うように捗らなくて腹痛も減らない。腹痛そのものが腸内環境が全てとはかぎらないけど、僕は黒酢を欠かさなくていつも腸内細菌を減らし易い食生活だから善玉菌の餌になるような活発な増殖を後押しする何かが余計に必要かも知れないので、注意したくなる。


腸内環境に優れて良いのは発酵食品だし、赤ちゃんのビフィズス菌が母乳の数多くのオリゴ糖で賄われているように善玉菌がかねて優勢ならばオリゴ糖や水溶性の食物繊維も確かに効果的みたいな感じもしないではない、只、悪玉菌が優勢の事態を根底から覆して行くためには発酵食品こそ強力みたいだ。


硝子の器に盛られたヨーグルト

僕はヨーグルトを偶に食べている。ナッツ類と黒酢で善玉菌が増え易いはずだし、二三日、続けるだけでも絶好調は見えて来る。そこで止める。少しずつ腸内環境は調子を落として行く。考えてもヨーグルトは重要だといわざるを得ない。


食事で肉が多いわけでもないし、ヨーグルトがないと悪玉菌が増える理由が掴めない。しかし推測されるのは食事量が一日に二食以下と少ないために腸の動きが弱ってしまうせいではないか。腸の動きが弱いと老廃物が溜まってそれを餌にして悪玉菌が増えると考えられる。


食事量は健康と長生きのために今よりも絶対に増やせない。というのは長寿遺伝子を発動させるためなんだ。長寿遺伝子は人間の若返りに非常に役立つ。


食品では赤蒲萄の果皮や落花生の薄皮に含まれるレスベラトロール(ポリフェノールの一種)が長寿遺伝子を発動させるといわれていたけど、取り入れる分量が物凄く多くないと駄目らしかったり、さらには全く効果的ではないという意見も聞かれたりするから難しいところだろう。


本当に大事なのは満腹になるような食生活を控える。毎日、食べ足りないくらいだと長寿遺伝子が発動して全身の老化を防いでくれるんだ。健康と長生きのためにはすなわち少食主義を貫くにかぎる。


ただし栄養も減ると危ない。長寿遺伝子を踏まえた食生活は栄養を熟知してないとやってはならない。日々が栄養失調ならば致命的だし、または栄養不良も決して元気とは呼べない。食事量を減らしながら必要十分な栄養を確保して行けるかどうかが肝心だろう。


僕は少食で腸の動きを強められないからナッツ類と黒酢で頑張っても発酵食品が欠かせないと思う。有用菌が多いのは何といってもヨーグルトだし、なるべく食べるようにしたい。以前よりは手を伸ばしている。


ヨーグルトというか、発酵食品は全て同じみたいけど、気かがりなのは自分に合ってないと腸内環境への貢献度も下がってしまわざるを得ないんだ。


人それぞれに善玉菌の種類が違うし、腸内環境そのもののも皆の顔と変わらず、全て同じではない。自分に合った有用菌を持っているヨーグルトを食べ続けるべきだけど、しかし結果は科学的な調査でなくては綿密には分からないので、日常生活では腹の具合から判断するしかない。


腸内環境を注意深く捉えると腹痛は細かく頻繁に起こっていると分かるようになる。下痢や便秘は本当にいうまでもなく、不調だし、そのレベルで判断していてはおよそ気付かれない。日常生活に支障を来さないところでの小さな腹痛が分かると良いと思う。改善策が立て易い。


ヨーグルトの選び方も腸内環境を細かく捉えてみるとビフィズス菌が重要だと感じた。ビフィズス菌が入っているヨーグルトが市販されている。僕は年を取るほどにアシドフィルス菌が大事だと考えながらヨーグルトを食べていて腸内の定住菌に働きかけてくれれば良いので、普通に自分に向いてそうな商品を求めてばかりいて安心できるけれども元気が足りないと気付いた。そこでビフィズス菌が入っているヨーグルトを試しに食べ出すや何度も繰り返したくなるくらい好ましくて腹の具合は不安定にしても元気は上がった。いうと腸の動きが強められる印象を持ったから個人的には有り難かったんだ。少食の腸内環境に不利な面をビフィズス菌ならばカバーできるかも知れないと期待できて来た。


腹の具合も久々のビフィズス菌に腸内の定住菌がビックリして不安定ならば、ある程度、続けないと腸内細菌のバランスも変わって来ないはずなので、暫く様子を見ながらビフィズス菌のヨーグルトを食べていると安定感も増したようだった。


なのでヨーグルトはビフィズス菌を狙いたいと思う。アシドフィルス菌も大事だけど、ビフィズス菌が腸の動きを高めるならば少食と合わせるには相応しいに違いない。ヨーグルトの様々な有用菌の中でもビフィズス菌が取り分け見逃せなくなった。

コメント

些細な日常の人気の投稿

MOTOROLAのMoto G5 Plusを使い出してのスマホレビュー

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策